草月流いけ花サロン
教室の特色
ごあいさつ
教室の特色
作品紹介
リンク
お問い合わせ
HOME
体験レッスン
花に癒されて…
◎少人数制で、丁寧なレッスンをいたします
3人程がご一緒にレッスン出来る小さないけばな教室ですが、お一人ずつ丁寧にレッスンすることが出来ます。

◎小さなお子様を連れてのレッスンが可能
小さなお子様をお持ちのお母様でも、お子様と一緒にレッスンをすることが出来ます。

お母様が花をいけている間は、男の子二人を育てた私が、お子様のめんどうを見させて頂いています。レッスンが終わった後は、お茶を飲みながら子育ての悩みや、ご相談を伺ったりしています。

小さなサロンですが、ここでお母様同士が顔見知りになり、子育てのストレスを少しでも和らげることが出来ましたら幸せです。どうぞ有効にご活用ください。

夜間もレッスン出来るように致しましたので、お仕事を持たれている方々にもご利用いただけるようになりました。

レッスンの料金とスケジュール
レッスン日(週1回、月に3回のレッスン)※いずれかの曜日を選択していただきます。
   火曜日 午前10:00〜午前12:00  午後4:00〜午後7:00
   木曜日 午前10:00〜午前12:00  午後4:00〜午後7:00
   土曜日 午後1:00〜午後4:00
入会金・更新料
1レッスンの料金
ご準備頂くもの
5,000円(入会時、上級コース昇格時の2回)
2,500円(花材費1,200円・受講料1,300円)
草月テキスト 1冊1,575円(全2冊・教室にて販売)

花鋏 3,500円程度 
花袋 2,000円

※テキストを既にお持ちの方は購入する必要はありません。
※花鋏・花袋は自分でご自分でご用意されても結構です。
レッスンの進め方とレッスン例
1. 基本となる花型法をテキストを使って学んでいきます。

2冊のテキストで、基本をしっかりと学び、テキスト終了後には「1級」という資格を取得出来ます。

2冊のテキストは「40カリキュラム」ずつ構成されていますので、全てを習得するには「80カリキュラム」のレッスンを積み重ねることになります。

2. その後は「自由花型」に進み、毎回自分でテーマを持って花をいけます。

花材を良く観察し花器を自分で選び花を活けて行くレッスンを重ねます。その習熟度によって「4級師範」をスタートに師範としての資格を取得していく事になります。

このような道具を準備して花をいけます。草月テキスト、花鋏、水盤、剣山、水差し、雑巾など全てサロンに準備がございますので、お持ち頂く必要はありません。
花鋏と剣山
直径30cm程の丸水盤と剣山
テキストの最初に登場するカリキュラム「基本立真型・盛花」をいけます。
今回は「桜」の一種類でいけてみます。枝物は必ず斜めに切ります。
一番長く基本となる枝「真」を剣山の奥の中央に挿します。(長さは水盤の「直径+深さ」の2倍)
「真」の枝を剣山に留めた状態。
次に「副」(「真」の3/4の長さ)の枝を左手前に傾けて挿します。
「副」の枝を留めた状態。
続いて「控」(「副」の3/4の長さ。普段は花物)の枝を右手前に傾けて挿し
ます。
そして作品に厚みを出すために、「従枝」という枝を入れて仕上がりです。
▲top
| 個人情報の取り扱いについて | Copyright (C) 2013 Klematis Co., Ltd. All Rights Reserved.